除草剤を避けるだけでは犬の安全は守れない~草取りが必要な理由~

手間よりも安全性を考えて~安全で楽な手入れを業者へ依頼~ 手間よりも安全性を考えて~安全で楽な手入れを業者へ依頼~

ペットを飼っている家庭ではこれらの雑草に注意

きちんとエサを与えていても、ペットの犬が雑草を食べることは少なくありません。一体どうして食べてしまうのでしょうか?

犬が雑草を食べるのには理由がある

体内の調子を整える
犬は人間と比べると丈夫な胃を持っていますが、調子が悪くなることもあります。犬が雑草を食べる場合、自分で体内の不調を治そうとしているのかもしれません。ドクダミのように体にいい植物を食べると治ることがあると知っているのです。
誤飲したものを吐き出すため
犬は雑草を食べて吐き出すことがありますが、これは誤飲したものを吐き出すためだと考えられています。体に悪いものを飲み込んでしまった場合、人間のように薬を飲むことができないので、雑草で体内を刺激して吐き出そうとするのです。
栄養補給
エサに偏りがある場合犬は栄養不足に陥ります。そうすると不足した栄養素を体が欲するようになります。雑草を食べる様子がある場合は、ビタミン不足になっているかもしれません。栄養バランスを考えてエサを選びましょう。

しかし中毒症状を起こることも

犬

普通の雑草を食べただけでは吐き出す程度で済みますが、種類によっては中毒症状を起こす場合があるので注意が必要です。触れただけでは問題ない雑草でも、犬の大きさや摂取量によって下痢や呼吸困難、神経麻痺など重い症状が現れることがあります。

犬が食べてはいけない植物リスト

  • スズラン
  • パンジーの種や根茎
  • アマリリスの球根
  • アサガオの種
  • キキョウ
  • スイセン
  • キョウチクトウ
  • アジサイの葉やつぼみ
  • アロエの乳液
  • マリーゴールド
  • フジ
  • ユリ科
  • ツツジ科

このように、犬が食べると危険な植物は沢山あります。雑草として生えているものの他に、花がきれいだからと植えている植物にこうしたものが含まれているかもしれません。犬の安全を守るため、自宅に生えている植物に危険なものがないか確認してください。

TOPボタン