注意すべき雑草がある~人体に影響が出る前に草取りを~

手間よりも安全性を考えて~安全で楽な手入れを業者へ依頼~ 手間よりも安全性を考えて~安全で楽な手入れを業者へ依頼~

雑草の放置は人体への安全性にも影響を及ぼす

草取りをせず雑草を放置するということは庭の見た目が悪くなるだけではなく、人体にも悪影響です。子供の健康を守るためにもきちんとした対策が必要です。

雑草が人体に及ぼす影響とは

アレルギー
雑草の中にはアレルギー反応を引き起こす成分を持ったものがあります。元々アレルギー体質の人はもちろん、アレルギーを持っていない人も雑草が原因で発症することがあるので注意しましょう。
喘息
細かい粒子を持った雑草が生えていると、粒子を吸い込んで喘息になる場合があります。その他、雑草が茂った場所にはキノコが生えやすく、キノコの胞子で喘息になることもあるので注意が必要です。近づいていない場合でも粒子や胞子は風に乗って広がります。

特に喘息草に要注意

雑草

上記したように、雑草が原因で喘息を引き起こされることがあります。しかし、全ての雑草でそうした症状が現れる訳ではありません。雑草の中には、喘息草と呼ばれるアレルギー反応を引き起こしやすい花粉を持ったものがあります。もし、庭に雑草が茂っていて喘息の症状が現れるようなら喘息草が生えているかもしれません。

日本に多く生息しているブタクサ

喘息草と呼ばれる植物の名前はブタクサです。ヨモギのような見た目で一見すると害がなさそうに見えますが、ブタクサの花粉を吸い込んでしまうと喘息の症状が現れる場合があるため注意が必要です。開花時期は7月から10月頃で、小さく黄色い花を咲かせます。日本中の至る地域に生息していて花粉が風に乗って運ばれてくるので、気づかない内に自宅の庭に生えていることも少なくありません。喘息・アレルギーを発症させる前に、草取りをしてきちんと対策しましょう。

TOPボタン