日用品を使って簡単に草取り~除草剤の代わりになります~

手間よりも安全性を考えて~安全で楽な手入れを業者へ依頼~ 手間よりも安全性を考えて~安全で楽な手入れを業者へ依頼~

日用品でできる~安全性の高い除草グッズ~

安全性への懸念をされている人でも、日用品を活用した除草剤を作ることができます。薬品などを使用しないため、安心して使用できるでしょう。除草剤の代用品になるものを紹介するので参考にしてください。

自分で作れる除草剤の代用品

植物は塩に弱いため、塩水を撒くことで効果的に草取りすることができます。しかし、効果が強いので枯らしたくない植物にはかからないよう注意してください。また、植物を今後植える予定がある場所には塩水を撒いてはいけません。塩水は植物を枯らす力が強い分、一度撒いてしまうと植物が生えにくい土壌になります。除草剤として塩水を作る場合、3.5%から5%の濃度を目安に作ってください。濃すぎると塩害を引き起こすことがあります。
お湯やゆで汁
お湯やゆで汁をかけると雑草を枯らすことができます。地上に出ている部分にだけしか、かけることができないため根が残ってしまいますが、即効性があるので見えている雑草を取り除きたい場合に適しています。草取りのためにお湯を沸かすのは面倒に思うかもしれませんが、料理をした際に出たゆで汁を使用すると面倒も少なく経済的です。お湯を撒く際の注意点はまず、枯らしたくない植物にはかからないようにするということです。また、撒いた部分の微生物が死んでしまうため、そこに植える植物の成長が遅くなる可能性があります。

雑草の再生を防ぐために

砂利と芝生

上記の方法で除草効果が得られたら、雑草の再生を防ぐための対策を施しましょう。防草シートや砂利を活用することで、防草効果だけではなく庭のイメチェンにもなります。

TOPボタン